めいとうSDGs体験会 > ブログ/お申込み




お申込み










お申込みに際し、お試しで1回だけ公式LINEにて無料相談を承っております。
2回目以降は有料となりますのでご容赦ください。
また、※1でメールアドレスをお持ちでない方には、お問い合わせフォームをご活用ください。







ブログ


  • 2024.06.04

    営業報告、私設図書館もん様に、商品とイベントのチラシを納品

     

    ◎『家と学校、職場以外の居場所を作りたい』と思い立ち、『人と人との繋がりや、本を通した新しい世界との出会いが産まれる場』というコンセプトに沿って、内装が成された名古屋市名東区の『私設図書館もん』(オーナー、土山昂也様)に行ってきました。

     

    ◎私(江原)は『ファシリテーションをしていますし、営業をやっていますので、社内・家、以外の居場所を持っています』。そして接客業をしていますので『世の中には住まいすら満たされない大人も、逆にお金があり過ぎて・でも満たされない大人も』いる事を知っています。つまり色んなヒトがいて、でも福祉という制度があるいじょう、『コウでなければ生きて行く価値がない!』、なんてことにはならない!ことを、知っているのです。

     

    ◎けれども家庭(親や塾の先生)と学校(先生やクラスメイト)しか見えていない子供はどうでしょう?。自分がミンナから反れたとき、心が窮屈になってしまうのでは?。と憂います。実際『やりたい仕事がない、ヒトにしてあげたい事もない、』と自分の殻に閉じ籠る学生も数多く見てきました。

     

    ◎そしてこんな大人も沢山います→→『生活費の為にやりたくないけど…、育児のためにやりたくないけど…今はこれでカネを稼いでいます』。こう言い放つ大人も。◎あるいは誰も非難はしてないのに、勝手に自己落胆して塞ぎ込んだ大人を。

     

    ◎けれども大人は子供から見ればやったこともない経験に挑戦してきた凄いヒトですし、大人も子供と接することで役に立てると気付ける。のです。

     

    ◎こう思うと『家と学校、職場以外の居場所』で、世代を超え&地域の枠を超えた、新たな出会いが産まれたらヒトに求められる幸せを感じられますし、私も数々の仕事体験のワークショップをご提供して居場所に彩りを加えたいと感じました。

     

    ◎さて私は障がい者が作ったお菓子の営業をしていますが、買って頂いて&資料も見て頂いて、印象に残して下さったら、日本にある様々な貧困問題にも気付き、私も親切なことをしてあげられるんだ、となって地域の孤立は軽減されると思います。

     

    ◎このように、めいとうSDGs体験会やNPO法人マルベリークラブ中部は、話し合い仕事体験(販売実習や商品作り)を通して、あなたの居場所に出会いと&新たな悟りや気付きをご提供します。お問い合わせは公式Webフォームまたは公式LINEへご連絡下さい。◎









< 前のページ次のページ >

賢く暮らしませんか?

"障碍年金と仕事での収入"

ITを含めたスキルUP、

生活習慣の改善へ

寄り添ってサポートします!

めいとうSDGs体験会









NEXT


ZOOM面談予約/お問合せ